海外対応サービス ローカライズ一式請負

お問い合わせ・お申し込み
お問い合わせ
HOME
ウェブシステム受託開発ご案内

EUOnline TOPウェブシステム受託開発ローカライズ一式請負

ウェブシステム受託開発open

ローカライズ一式請負・・・日本語版を海外版に、海外版を日本語版にリメーク

ローカライズサービス概要

ローカライズイメージ ローカライズとは、ある言語に対応して開発されたシステムやウェブサービスを、他の言語にも対応させることです。
弊社では「日本版→海外版」「海外版→日本版」の両方を行っており、単なるテキストの変換だけではなく、地域性を考慮したデザインや使い勝手(アクセシビリティ)の変更まで行います。

一般的な翻訳との違い

単なるウェブページの表面上の文章を変更するだけでしたら、翻訳ソフト等を使うことで、比較的容易にどなたでも行うことが出来ると思います。

弊社のローカライズサービスでは、より本格的なウェブシステムのローカライズが主となり、データベースやサーバー、プログラムの文字コードを統合するなどの抜本的な仕様改変作業も含まれますので、システムをゼロから構築して対応する事も多くあります。

また細かい所では、使用するフォントの選定、その地域の回線速度や一般的な環境から導き出される適切なデザイン及び画像ボリュームなど、ターゲットとする国に合わせたサイトに組み直すため、手間も技術も必要となります。

最終的にネイティブでのチェックも行いますので、日本人独特の感性と高品質さに加え、現地で作るクオリティ(現地らしさ)へも配慮した本格的なサイトに仕上がります。

主に扱った事例

・日本語版(サイト全体)とフランス語版(サイト全体)の通販サイト
・日本語版(サイト全体)と英語版(サイト全体)の物販サイト
・日本語版(メインサイト)と韓国語版(出演者側システム)のライブチャット
・日本語版(サイト全体)と英語版(サイト全体)のライブチャット

費用について

以下のような要素によってお見積もり金額が変わります。

・既存サイトをお持ちか、お持ちでないか?
・テキストボリューム
・プログラムの難易度とボリューム
・言語の種類や数
・翻訳レベルかネイティブレベルか?

大よその見積目安としましては「相場と見積もりについて」の金額の1.5倍~2倍程度になります。

まずはご連絡の程、心よりお待ち申し上げます。